365 Links

  • 概要

    SEO対策ディレクトリ型自動リンク集です。サンプル
    HTMLファイル作成機能を使えば、SEO対策にも有効なリンク集として使えます。
  • 機能

    登録制限機能(ユーザ・管理者共に登録可/管理者のみ登録可)
    登録者および管理者のパスワードによる登録内容変更・削除機能
    バックアップ機能(ON/OFF可)
    ランキング機能(ON/OFF可)
    カテゴリ自由設定
    バナー登録(ON/OFF可)
    検索機能(ON/OFF可)
    リンクターゲット設定
    ランキングリセット機能
    アクセス拒否(ワイルドカード可)設定
    NGワード・NGURL設定
    HTMLファイル作成機能(ON/OFF可) CAPTCHA(画像認証)(ON/OFF可) GDライブラリが使える環境のみ
    Cookie必須(ON/OFF可)
    JavaScript必須(ON/OFF可)
    ワンタイムチケット(ON/OFF可)
    Referer(リファラー)チェック(ON/OFF可)
    接続元IPアドレスチェック(ON/OFF可)
    半角文字のみの投稿チェック(ON/OFF可) 英文字スパム投稿対策に
    URLを含む投稿チェック(ON/OFF可)
    パスワードを設定していない投稿の修正・削除(ON/OFF可)
  • 動作検証環境

    WindowsXP+AN HTTPD Version 1.42m + PHP Version 5.1.4
    Linux:Apache + PHP Version 4.4.8
    Linux:Apache + PHP Version 5.2.5
  • スクリプト利用規定

    スクリプトをダウンロードする場合、無条件に利用規定に同意したものとみなします。
  • ダウンロード

    ダウンロード後、圧縮ファイルを解凍ツールで解凍して下さい。
  • アップグレード案内

    Ver.3.11 -> Ver.3.12 ダウンロード後、links.php、./lib/config.phpを差し替えて下さい。
    Ver.3.10 -> Ver.3.11 ダウンロード後、links.php、html_kit.php、./lib/config.phpを差し替えて下さい。
    Ver.3.01 -> Ver.3.10 変更箇所が多いの設置方法、注意事項を必ず確認して下さい。旧バージョンのログはそのまま使えます。
    Ver.3.00 -> Ver.3.01 ダウンロード後、./lib/config.php、./lib/reglib.phpを差し替えて下さい。
    Ver.2.03 -> Ver.3.00 大幅に変更しています。設置方法、注意事項を確認して下さい。旧バージョンのログはそのまま使えます。
    Ver.2.02 -> Ver.2.03 ダウンロード後、links.php、config.php、html_kit.phpを差し替えて下さい。
    Ver.2.01 -> Ver.2.02 ダウンロード後、links.php、config.phpを差し替えて下さい。
    Ver.2.00 -> Ver.2.01 ダウンロード後、links.php(プログラム)のみ差し替えて下さい。
    Ver.1.21 -> Ver.2.00 大幅に変更しています。現バージョンをダウンロードして使って下さい。旧バージョンのログはそのまま使えます。
    Ver.1.20 -> Ver.1.21 ダウンロード後、links.php(プログラム)のみ差し替えて下さい。
    Ver.1.11 -> Ver.1.20 ダウンロード後、links.php(プログラム)のみ差し替えて下さい。
    Ver.1.10 -> Ver.1.11 ダウンロード後、links.phpを差し替えて下さい。バックアップ用ディレクトリ./back/を作りパーミッションを707 or 777に設定して下さい。links.dat(ログ)はそのまま使えます。
    Ver.1.02 -> Ver.1.10 ダウンロード後、links.php、backday.datを差し替えて下さい。links.dat(ログ)はそのまま使えます。
    Ver.1.01 -> Ver.1.02 ダウンロード後、links.php(プログラム)のみ差し替えて下さい。旧バージョン(Ver.1.01)のままでも動作に影響はありません。そのまま使っていただいても、問題ありません。
    Ver.1.00 -> Ver.1.01 ダウンロード後、links.php(プログラム)のみ差し替えて下さい。links.dat(ログ)はそのままでも使えます。
  • 設置方法・パーミッション設定

    links/lib/config.phpをエディタで開いて、設定変更して下さい。
    ファイル転送:全てのファイルをサーバーにアップロードして下さい。
    アップロード後、下記の通りにパーミッション(アクセス権)を設定して下さい。
    ファイル、ディレクトリ名ファイル、ディレクトリ説明パーミッション
    links/ルートディレクトリ707 or 705
    links/bakday.datバックアップ日保存ファイル606 or 666
    links/html_kit.phpHTMLファイル作成用ライブラリ604 or 644
    links/links.cgiログファイル606 or 666
    links/links.htmlHTMLトップページ606 or 666
    links/links.phpメインスクリプト604 or 644
    links/dummy.phpダミスクリプト604 or 644
    links/.htaccess分散設定ファイル604 or 644
    links/html/HTMLファイル用ディレクトリ707 or 777
    links/html/index.htmlダミーファイル604 or 644
    links/back/バックアップ用ディレクトリ707 or 777
    links/back/.htaccess分散設定ファイル604 or 644
    links/back/index.htmlダミーファイル604 or 644
    links/js/JavaScript用ディレクトリ705 or 755
    links/js/index.htmlダミーファイル604 or 644
    links/js/common.js共通仕様JavaScriptファイル604 or 644
    links/lib/ライブラリ用ディレクトリ705 or 755
    links/lib/.htaccess分散設定ファイル604 or 644
    links/lib/common.php共通仕様サブルーチン604 or 644
    links/lib/config.phpユーザー設定ファイル604 or 644
    links/lib/index.html分散設定ファイル604 or 644
    links/lib/reglib.phpCAPTCHA用クラス604 or 644
    links/regkey.phpCAPTCHA用スクリプト604 or 644

    設定確認: 設置が完了したら links.php?mode=checkを起動してエラーが出ないことを確認して下さい。

    1. 「Fatal error: Call to undefined function: imagecreate() in」が出た場合
      GDライブラリが使えない環境です。投稿キーは使えません。
    2. 「Fatal error: Call to undefined function: mcrypt_module_open() in」が出た場合
      Mcryptが使えない環境です。他の設定に変更して下さい。

    起動方法 links.phpにリンク下さい。
  • 注意事項

    1.ソースはEUCコードで書かれています。EUCコードに対応したエディターが必要です。(エディター例:xyzzy
    2.スクリプト名(links.php)は、好きなファイル名に変更出来ます。スクリプト内部の設定変更は不要です。スクリプトと同じディレクトリにindex.xxx ファイルが無い場合は、セキュリティ上、ダミーファイル(index.html:空のファイル)を置くようにして下さい。(例:当サイトでは、スクリプト名をindex.phpに変更し、ディレクトリにリンクしてデフォルトファイルとして起動しています。)
    3.管理者のみの登録に設定した場合、一番下の管理バーに管理パスワードを入力し、登録を選択して送信ボタンを押すと登録フォームが表示されます。
    4.ランキングをリセットする方法:links.php?mode=rank_reset にアクセスして指示に従って下さい。
    5.ログの拡張子がVer2.00から(.cgi)に変更しています。注意して下さい。
    6.HTMLファイル作成機能開始手順:config.phpのHTML_FLGを「1」に設定。links.phpを起動して、下の管理バー(著作権リンクの上あたり)に管理パスワードとモードを「HTML」を選択して送信ボタンをクリックして下さい。HTMLファイルが構築されます。トップページはconfig.phpのHTML_TOPFILEで設定したURLになります。
  • 更新履歴

    2014/09/06 Ver.3.12 クロスサイト・スクリプティングの脆弱性があることがわかりました。
    2010/09/20 Ver.3.11 noscriptタグ内のメッセージを任意に設定できるように変更。(投稿する場合にJavaScriptを必須にする設定にした場合のみ有効)
    2010/09/19 Ver.3.10 スパム対策見直し。
    2007/09/22 Ver.3.01 スパム投稿対策機能の暗号方法追加。
    2007/04/14 Ver.3.00 スパム投稿対策機能(投稿キー)、半角文字のみの投稿(英文字スパム投稿対策)、パスワードを設定していない投稿の修正・削除(ON/OFF可)追加。 $_SERVER['PHP_SELF'] -> $_SERVER['SCRIPT_NAME']に変更
    2006/09/15 Ver.2.03 サイトタイトルの文字サイズ変更、太字/標準に切り替えができるようにしました。キャッシュ制御追加
    2006/01/29 Ver.2.02 ファイルロック変更
    2005/03/15 Ver.2.01 情報修正(カテゴリ変更)に対応できていなかった為、アルゴリズム追加
    2005/03/07 Ver.2.00 HTMLファイル作成機能追加、ログの拡張子(.cgi)に変更、アクセス拒否・ワイルドカードに対応、NGワード・NGURL設定追加
    2004/10/19 Ver.1.21 ページ戻りリンクで一部文字化けが起こる不具合に対応("<<" -> "$lt;$lt;"に修正)
    2004/08/30 Ver.1.20 バックアップの条件変更
    2004/07/08 Ver.1.11 バックアップファイルを自動生成するように変更
    2004/06/30 Ver.1.10 リンクターゲット設定、ランキングリセット機能追加、バックアップを何日分でも取れるように変更
    2004/06/05 Ver.1.02 登録情報修正完了メッセージのパスワード表示変更
    2004/05/30 Ver.1.01 バナー登録(ON/OFF可)、検索機能(ON/OFF可)追加
    2004/05/23 Ver.1.00 リリース
<<戻る  ホーム
Copyright (C) php365.com All rights reserved.